さて、
長らくお付き合いいただいたこのブログ、
一身上の都合により、
閉じたいと思います。

もうしばらくは、
記事のサルベージなどもあるので、
置いておきますが。

皆々様ありがたうございました。

── Fin ──
[PR]
# by e-_-ocm | 2006-04-24 00:29 | そぞろ


キーレスエントリー?
アレゲ感バリバリですが、
手の甲に「RFID」(ICタグ?)を埋め込んでしまった猛者出現。

下記の記事を読むと結構便利そうなんスが、
その便利に行き着くまでのハードルが
今までに無く高そう。

身の回りに対応機器をそろえられるとして、
皆さん、自らの身に傷を付けてまでやってみたいと思うマウス?

── アチキはもう、
身も心も傷物なんで、
ゼヒゼヒやってみたいっすね。

スラッシュドット ジャパン | RFIDで愛の認証
愛の証?RFIDを互いの手に埋め込む [ITmedia +D Blog]

休憩終了〜
[PR]
# by e-_-ocm | 2006-02-19 13:42 | 雑 記


あなたにとってのビートの本質教えてください
ズバリ、

【あなたにとってのビートの本質を教えてください】

ビートほど次のクルマに繋がりにくいクルマはないでしょう。
言葉を変えればステップアップに向くクルマが見つけにくいですやね。
アチキも、時々ビート糊の方とそんな話をしますが、
答えが出たことはないですね。

で、ここに来られたビート乗りの方々、
・あなたにとってのビートの本質を一言で
・あなたが考えるビートの次に乗りたいクルマ
を、簡単にコメントしていただけないでしょうか?

ちなみにアチキのは、
本質:いつでもどこでも全開
次:エリーゼ、なんてことを言ってたこともあるけれど、
スマートロードスターかなぁ。
理想は F-50?
[PR]
# by e-_-ocm | 2006-02-18 21:45 | クルマ


ビートの次は…‥
私を含め、ビート乗りの皆さんの
大きな悩みの一つといへば、

次のクルマが、ない、

てことではないでしょうか?

でも、みつけました!
[PR]
# by e-_-ocm | 2006-02-16 21:40 | クルマ


Nice Flasher! 【更新】
シーフードケーキ以来の衝撃。
ジューシーフィッシュ!

久しぶりにアニメーションを見た気がするな。
動く絵の気持ちよさ。

所々に日本のアニメの引用があったりして。

キャラもかわいいし立ってるし。

アチキ不勉強なんだけど、
日本にもこんなのあるんですかね。
できればご教授願いたいな。

Newgrounds presents: There she is!!!
リンク張り直しました↑

【追記】
パート2もありました。
There she is!!2 [CAKE DANCE]
こちらもおすすめだねぇ〜

】【】【】【


[PR]
# by e-_-ocm | 2006-02-02 23:40 | パラパラ動画


最強モバイルマシン

人生のほぼ 100%を
WILLCOMのサービスエリアからはみ出さず生活するアチキにとっては、
もう、もう! 最強の片腕間違いなしの
003、フランソワーズです。

テリオス、ザウルス、ジェニオ、シグマリオン3、に続き、
とうとうアチキの元へきました。
これでいつでもどこでも更新閲覧が可能になる訳で、
今まで以上に人生を無為に垂れ流すことになるのでセウ。


[PR]
# by e-_-ocm | 2006-02-01 01:07 | 雑 記


「アトム」から「8マン」へ
雪に慣れると、雨に濡れるってコトが鬱陶しいです。
その上、雨漏りのことも心配しなきゃなんない、飯尾です。

入院中に「テレビカード」のポイントを気にしながらも、
見た番組があります。
NHKBS
「立花隆が探るサイボーグ医療の時代
  第1回 人体と機械の融合」
です。

実際見たのは、再放送で、最後の15分程度でしたが、
ホントに驚きましたね。
真の意味でのサイボーグを見たんですから。

サイボーグと言って、最初に思い出すのは、
サイボーグ009ですか。
ほかにも、攻殻機動隊、なども挙げられます。
これらSFの世界で語られるサイボーグは、
人工の身体で身体機能の強化を図ったものがほとんどですが、
番組で紹介されたのは、
事故などで身体の一部を失った人が、
元の生活を送るための手段としてのものです。

アメリカでは、
肩周りの筋電信号を拾って、義手をコントロールするのはもとより、
視力を失った人の脳に電極を埋め込み、限定的ながら回復させたもの、
または、脳内奥深くに電極を差し込み、脳内のノイズを抑えることにより、
てんかんなどの発作を防ぐものまで、実用化されています。
日本では考えられないほどに。

さらに興味深いのは、
先の義手のかわりに、ロボットアームをコントロールすることも
技術的には可能ということです。
それが何を意味するものなのかは、
みなさん、お判りでしょうけど。

素人のアチキにはこれ以上うまく説明できませんので、
是非リンク先に飛んで確認してもらいたいです。

立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」
── 来るべき未来工場はロボットからサイボーグへ ── nikkei.jp



アトムより8マンの方が先になりそうな予感

】【】【】【


[PR]
# by e-_-ocm | 2006-01-15 08:44 | 雑 記

    

CAPRICCIO, no Unreason
by e-_-ocm
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31